株券電子化のほふり手続きQ&Aガイド

株券電子化のほふり手続きQ&Aガイド

安心して株券を預けることができる証券会社をランキングで紹介しています。
株券電子化のメリットやほふりへの預託について、わかりづらい点をQ&Aで解説していますので、証券会社選びの参考にしてください。

マネックス証券

初心者に人気NO.1のオンライン証券会社、マネックス証券では、お客様の株券を保管料無料で預かるサービスがあります。
株券は、ゆうパックで無料で入庫することができ、マネックス証券を通して郵便局に依頼すると、郵便局員が取りにきてくれるので安心です。
この方法ですと、ご自宅にいながら安心して手間なく、簡単に株券の入庫手続きと口座開設が同時に行うことができます。
もちろん、ご自身で直接マネックス証券の窓口に持っていっても大丈夫です。

楽天証券

業界最低水準の手数料で取引シェアNO.1の楽天証券では、口座開設料・管理料はもちろん無料!その他にも今なら口座開設するとお得な特典がついてきます。
入庫の方法としましては最近一般的なゆうパックサービスやだいこう証券本店・支店へご自身でお持込いただく方法のほかに、首都圏近郊に住んでいてじか評価額 1000万円以上を入庫いただける方には、楽天証券またはだいこう証券のスタッフがご自宅までお伺いし、手続きを行うサービスもあります。
株券を持ち歩いたり郵送するよりも不安が少なく、疑問も解消できるこのサービスを利用してみませんか?

SBI証券

業界NO.1の口座数を誇る証券会社のSBI証券は、SBIイートレード証券から2008年7月に社名を変更しています。
口座開設数はインターネット証券の中でもNo1で、初心者に人気のある証券会社です。
株券電子化が施行されるにあたり、ご自宅や銀行の貸金庫で保管している株券を入庫してみませんか?
業界屈指の格安手数料で株取引ができて、もちろん保管手数料は無料なので、デイトレーダーから長期保有を目的とした方まで幅広い人気があります。

松井証券

松井証券では株券電子化に伴い、様々なキャンペーンを実施中です。
入庫方法は、簡単。自分自身で店頭にお持込いただくか、問い合わせをした上で、ゆうパックサービスをつかって集配してもらう方法の2種類になります。
ただし、株券は松井証券で取り扱っている商品に限りますので、一度、ホームページ等でご自身の持っている株券があてはまるものなのかどうか確認していただくか、お問い合わせしてから手続きをすると快適にお取引できるのではないでしょうか?

証券会社@メニュー

株券電子化@メニュー

株券電子化のほふり手続きQ&Aガイドリンク