特別口座

ほふりに預託していない株主の権利を守る特別口座

特別口座は、株券の電子化に伴い証券保管振替機構(ほふり)に預託していない株券の株主の権利を守るために、発行会社の申し出により信託銀行等の金融機関に開設される口座です。
つまり、たんす株券などを放って置いた場合に、株主が取引している証券会社や金融機関が自動的につくってくれる「特別な口座」になります。
ただし、名義はあくまでも株券の名義になるので名義変更等がすんでいない株券を持っている人は注意が必要です。

特別口座についてのQ&A

 本人名義の「特別口座」に入っている株式を売買することはできますか?
 あくまでも株主の権利を守るために、作られる口座になりますので、売買はできません。
売却する場合には、前もって証券会社に本人名義の取引口座を開設し、株式の残高を振り替える必要があります。

 複数の銘柄を所有している場合「特別口座」は一つで管理されるのでしょうか?
 複数の銘柄を所有している場合には、「特別口座」も銘柄ごとに開設されますので、種類が多岐にわたっている場合はその分「特別口座」の数も増えます。

 「特別口座」のままでも、配当金は支払われますか?
 配当金はもちろん支払われます。
もちろん、株主総会の招集通知等も送られてきます。しかし、単元未満株式のみを所有している株主は、招集通知は送られません。

期日がくると発行会社が自動的に振り替える株券電子化

株券が電子化になるに伴い、面倒な手続きは一切必要ありません。
ただし、名義が本人のものになっていない場合は注意が必要です。
それ以外の場合は、期日がくると自動的に発行会社の方で振り替えをして、株主にもその通知がいくようになっていますから、売却や譲渡などをすぐにしたい場合を除いては、そのまま株券をもっていれば安心で快適な株主ライフを送れるようになります。

証券会社@メニュー

株券電子化@メニュー

株券電子化のほふり手続きQ&Aガイドリンク